人工肛門を造った方のほとんどは、退院後1週間ほどでいつも通りの生活に戻っています。
場合によってはもう少し時間がかかることもありますが、リハビリ期間終了後は普段と変わらない日常生活を送れるようになります。
多少人工肛門に関して不安を抱える方も多いものの、仕事やプライベートを楽しんでいる方がほとんどです。

人工肛門を造ってから静養される方も中には居ます。
必ずしも必要というわけではなく、医師から一定期間療養をすすめられることもあるのです。

とくに病気の種類や経過によっては治療が必要となり、静養を求められる場合があります。
大腸ガンのような大病の場合は、人工肛門を造ったあとのほとんどのケースで療養が必要です。

人工肛門を造ったあと、すぐに仕事へ復帰したい方や、療養を望まない方が多いのも事実です。
一般的に人工肛門を造っても1週間~1ヶ月程度で社会復帰される方が多く、療養への不安を持っている方も居ます。
療養期間が長引けば長引くほど、普段通りの生活へ戻ることが遠のくと考えられているからです。

しかし、医師から療養をすすめられたのであれば、療養はほぼ必須であると言えるでしょう。
中には療養を望まない方も居ると思いますが、一時的に体力が衰えているため療養は必要です。

人工肛門を造ったあと、病気によっては長期入院となる場合もあります。
入院中は体力が衰えがちですので、体力をおぎなうためにも療養が必要です。

社会復帰に向けてのリハビリや、人工肛門に慣れる意味でもしばらくの間の療養は必要かもしれません。
医師からアドバイスを受けた場合はそれに従うようにしましょう。

ただ、今まで仕事していた方は収入が途絶えるのが不安になるかもしれません。
有給休暇や会社によっては見舞金、傷病手当などが出ることもあります。
しかしそれも一時的なものですので、長期療養になってしまうと収入が途絶えることになってしまいます。

そのような場合、人工肛門は障害者年金の支給対象となっていますので、社会保険労務士に相談してみるのも良いでしょう。

障害者年金の申請には診断書が必要です。
社労士に依頼すれば、障害者年金に関する複雑な手続きすべてを一任できます。

医療の世界の進化

医療の世界の進化は目覚しいものがあります。
そもそも日本の医療は世界的にみてもとても進んでおり、WHOからは世界一とまで称されているほど。
それだけの力があるのですから、進化が目覚しいのもよくよく頷ける話ではあるのですが、進化と言っても様々な形があります。

例えば話題の3Dプリンタ。
データさえあればどのようなものでも形作る事が出来るツールとして知られていますが、3Dプリンタで臓器の模型を造り、手術の練習にしたり患者に説明する際に用いたりと、素晴らしい活用方法が登場しているのです。

口だけで説明されるよりも、実物のようなものを見せられて説明された方が患者としても解りやすいものです。
それが安心感にも繋がりますし、患者と医師のコミュニケーションをより親密なものにさせてくれる部分もあるのです。

また、執刀の練習等に活用する事で医師のレベルアップにも繋がるのです。
また、ストーマも医療の進化の賜物と言っても良いかもしれません。

ストーマと聞いてもどのようなものなのか解らないという人もいるかもしれませんが、ストーマとは人工肛門です。
ストーマの登場のおかげでそれまでは苦痛を伴わなければならないような事も、簡単に排泄する事が出来るようになったのです。
どうしても不安を感じるという人もいるかもしれませんが、ストーマに関しては不安を覚えるようなものではありません。

むしろ多くの人がストーマのおかげで自力での排泄を行えるようになっているのです。
これもまた、医療の発展の賜物と言っても良いかもしれません。
日本は言うまでもなく高齢化社会です。

少子高齢化社会を迎えた背景にあるのは医療の発展のおかげで寿命が延びた事に他なりません。
そのおかげでかつてであれば諦めざるを得ないような症状も治療する事が出来るようになったと言っても決して過言ではないのです。
ですので、まだまだこれからも医療の世界は進化していくだろうとも言われています。

医療は我々の生活にとても密接しています。
医療水準が高いからこそ、多くの人が安心して日常生活を送る事が出来ていると言っても過言ではないのです。
もちろん3Dプリンタやストーマだけではなく、他にも多々医療の発展を象徴するようなものは登場しています。

この背景にあるのは、医療の発展はもちろんですが日本が様々な面に於いて高い技術を持っているからでもあります。
「技術立国」とも呼ばれている日本は、医療でも素晴らしい技術を発揮しているのです。

 

ピックアップサイト
肩こり
クラチャイダムゴールド